林道への案内板

林道データベース Ver. 6.2

アヤメ湿原

アヤメ湿原のデータ

取材日:
2002/06/26      
所在地:
道南(北海道) 函館市 
ダート:
5.8 km 通行状況:通行制限なし
全ての名称
アヤメ湿原
全長
5.8 km (舗装路を含む)
走破時間
15 分
計測場所
大船左股林道との分岐 から 赤川寅沢林道との分岐 まで
道路状況
良好
(一部)
全体に同じ状況
路面状況
フラット
(一部)
深い砂利
隣接林道
大船左股林道、赤川寅沢林道
景観
良  
支線
交通量
ほとんど無い
峠名
登山口
河川
湖沼
アヤメ湿原
アヤメ湿原

アヤメ湿原のブックマーク

[] 改行は反映されません

投稿はありません。

アヤメ湿原を掲載している品質の高いサイトやページがありましたら、自薦他薦は問いませんので投稿ください。

アヤメ湿原の評価

[]

評価はまだありません。

アヤメ湿原を5段階で最初に評価してみませんか?

WebMaster うーたんのコメント

更新日:2002/10/29

函館市の北のエリア、赤川林道と寅沢林道に挟まれた区間にある支線の一つ。
運がよいとアヤメ湿原で育まれている、カモのヒナの群れをみることができる。

林道情報

[]

写真をクリックすると、拡大した写真が表示されます。

10/07/05 完抜
  • 投稿者:DD136
  • No.2982
  • 2010/07/13   変更/削除
  • 大船左股林道からの分岐には自由に入れる。
    新中野ダム側は赤川林道・赤川支線林道を繋いでアヤメ湿原までいけるが,赤川支線林道起点・終点双方にチェーンゲートあり。はずして進入できる。

全線通行止め
  • 投稿者:道道136
  • No.2529
  • 2009/08/10   変更/削除
  • 8月上旬現在において
    函館側(新中野ダム側)は新中野林道分岐?(川渡りがあるところ)でチェーンロック。四輪車は通り抜け不可。
    鹿部・七飯側は大船左股林道との分岐(万畳敷分岐の近く)でチェーンロック。同じく四輪車は通り抜け不可。

ゲート閉鎖
  • 投稿者:じょなさん
  • No.2455
  • 2009/07/13   変更/削除
  • 6/28大船左股林道分岐にてチェーンゲートにより入れませんでした。

紅葉満喫
  • 投稿者:ポンタ
  • No.2055
  • 2008/10/09   変更/削除
  • 紅葉満喫10/7にあやめを目指して行って来ました。
    紅葉が綺麗でしたね。
    道は日陰など水溜りが多かったけど、
    概ね砂利が入って走りやすかった。

    去年は行けなかった万畳敷も簡単にいけました。

コンディション良好
  • 投稿者:クマ吉
  • No.1592
  • 2008/06/13   変更/削除
  • コンディション良好6月に入ってから行ってきましたが、
    道路も良く整備されており、4駆じゃない普通車も結構走っていました。
    湿原の花関係はまだ何も確認できませんでした。

皆さんで行ってきました
  • 投稿者:よしば
  • No.0598
  • 2006/10/29   変更/削除
  • 2006.10月29日 行ってきました。昨夜の雷伴う雨に、早め出発出来れば行ったことのない万畳敷までと前日計画・・・途中赤沼を、裏から行き止まりまで攻め、戻り後、案内板のない赤沼参道Y型林道交差で、4台に合流、一路湿原へ。昨夜の雨でところどころ、水溜りを気にしなければ、通行止め、倒木等もなく快適でした。<TLM220Rにて>

一人だと心細い所です
  • 投稿者:よしば
  • No.0578
  • 2006/10/22   変更/削除
  • 一人だと心細い所です2006.7月10日行ってきましたが、初めての場所、一人と云うことで何か落ち着かない・・袴腰岳登山口アメダス熊注意の看板前で愛車の記念撮影後一路アヤメ湿原へ、途中側道に大きなサークル発見・・熊さんの寝てったアトかなと・・更に湿原到着時、笹薮からガサ、ガサと大きな音が遠ざかって行き、ヘルメットを脱ぎ更に、確認するも聞こえない・・不安に襲われアヤメ湿原の景色の堪能は、次回に。林道は、概ね整地されたジャリ道、湿原近くはこう配がきつく、飛ばすとリヤが結構取られました。次回は、カルデラの中をゆっくり見たいですね。<TLM220Rにて>

このエントリーをはてなブックマークに追加

Ads by Google

バイクを売るならバイク王

そろそろ2017ニューモデルが出そろいます。気になるバイクがあったら、今の愛車の査定をして、新車の購入の足しになるかをバイク王で査定をしてみましょう!!

Ads by Google