林道への案内板

林道データベース Ver. 6.2

帝釈山林道

帝釈山林道の写真 Ver.4

撮影日:2008/10/05

帝釈山林道 馬坂林道との三叉路です。
正式には川俣湖畔の吊り橋の入口からが帝釈山林道なのですが、古くからの慣習で川俣湖から田代山林道との合流地点までを馬坂林道と呼んでいます。

帝釈山林道 馬坂沢の堰堤がダム湖のようになっていて、奇観を呈しています。枯れ木が不気味です。

帝釈山林道 林道の脇を渓谷が流れています。紅葉の時期は見事です。

帝釈山林道 路面は栃木県側はやや荒れ気味で、幅員も福島側に比べると狭いです。峠の登山道を観光資源として栃木県が生かしていない証拠です。

帝釈山林道 この時期でも紅葉は始まっていました。ところどころに赤く色付いた樹木が見受けられました。

帝釈山林道 高度を上げて行きます。

帝釈山林道 視界は広く、展望は峠まで楽しめます。

帝釈山林道 きついヘアピンコーナーが幾つかあります。交通量が多いので、対向車には十分に注意してください。

帝釈山林道 峠付近から帝釈山を望みます。既に山頂は色づいていました。

帝釈山林道 峠は立派な駐車場となり、登山者の車が埋め尽くしていました。トイレがあるので、利用しやすい林道となりました。

帝釈山林道 峠を下ってゆくとすぐにいくつものヘアピンコーナーが連続します。写真のコーナーは春の残雪が最後まで残ることで有名なコーナーです。

帝釈山林道福島県側は長い直線路が多くあります。

帝釈山林道 S字コーナー

帝釈山林道 長いコーナーの後にヘアピンが待ち受けています。

帝釈山林道 森林の中の直線路。緩やかなコーナーを繋いで1km以上の直線区間があります。

帝釈山林道 麓は直線区間が多くなります。

帝釈山林道 緑のトンネル。

帝釈山林道 時折り視界が開けます。

帝釈山林道 ダート区間の終わり。

帝釈山林道 日帰り温泉の脇へと抜けます。

帝釈山林道 国道から見た帝釈山林道の入口。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Ads by Google

バイクを売るならバイク王

そろそろ2017ニューモデルが出そろいます。気になるバイクがあったら、今の愛車の査定をして、新車の購入の足しになるかをバイク王で査定をしてみましょう!!

Ads by Google