林道への案内板

林道データベース Ver. 6.2

本名津川林道

本名津川林道の写真 Ver.4

撮影日:2014/09/28

本名津川林道福島県会津側の入口です。本名ダムのダムサイトから入ります。しばらくダム湖の上を走ります。

本名津川林道見通しの良い区間の多い林道で、日差しが注ぎます。

本名津川林道明るい森林の中と日の差す谷沿いの道を交互に走ります。目立つほどの景観はありませんが、変化があって見通しの良い林道は、景観を見ていても秋が来ません。

本名津川林道緩やかなコーナーが直線をつなぎます。

本名津川林道御神楽山登山道との分岐。右に進むと1kmほどで御神楽山登山口の駐車場となります。ここまでは、登山者の乗用車が多く通ります。道もフラット。

本名津川林道御神楽山登山道の分岐を過ぎると、徐々に道は荒れてきます。

本名津川林道峠が近づくにつれ、視界が広くなります。

本名津川林道福島県側も断続的な舗装区間が増えています。

本名津川林道一度下ってから登り返します。

本名津川林道断続的な舗装区間。

本名津川林道会津側は軽トラックが多く見られ、新潟県側は乗用車が多く見られました。

本名津川林道道に生えた草の上にワダチがあります。通行止めが長かったので、交通量が少なかったのが分かります。

本名津川林道峠の会津側に視界があります。

本名津川林道峠は広場となっています。

本名津川林道峠の新潟県側は舗装化が終了していました。

本名津川林道峠を越えたところに、なぜか通行止めの標識が立っていました。

本名津川林道大きなヘアピンコーナーの下り。あちこちに乗用車が止まっています。

本名津川林道視界が広がっています。

本名津川林道下ってきたところにも通行止めの標識。会津側には通行制限を知らせる表示は一切ありませんでした。新潟県側も通行を制限する様な箇所はまったく有りませんでした。

本名津川林道本名室谷林道の林道区間の終わる箇所は、三叉路となっています。ここから国道49までは2車線の舗装路です。

本名津川林道国道49側の十字路。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Ads by Google

バイクを売るならバイク王

そろそろ2017ニューモデルが出そろいます。気になるバイクがあったら、今の愛車の査定をして、新車の購入の足しになるかをバイク王で査定をしてみましょう!!

Ads by Google